自在R連続基礎ブロック

必要連結延長

MENU

自在R連続基礎ブロック

参考延長一覧表 (安全率1.5)

置き式使用


※現場状況に合わせて計算・提案させて頂きますのでお問い合わせください。

埋設使用


※現場状況に合わせて計算・提案させて頂きますのでお問い合わせください。
擁壁内側に使用する場合には、擁壁の構造検討・安定検討が必要となりますのでお問い合わせください。

安定計算

車両用防護柵標準仕様・同解説 P133 連続基礎の設計 【(社)日本道路協会 平成16年3月】 を参考に、衝突に対し連続基礎延長で受け持つと考え必要延長を算出します。

設計条件

置き式使用

・基礎地盤の許容支持力----- q=300kN/m2
 地盤の摩擦係数----- μ = 0.6
・衝突荷重----- Pt = 30kN(B 種・C 種)Pt=55kN(A 種)
・衝突高さ----- hp = 0.6m

埋設使用

・衝突高さ...........................hp=0.6m
・コンクリートの単位体積重量 ......γc=23kN/m3
・土の単位体積重量 ............γt=19kN/m3
・土の内部摩擦角 ...............φ=30°
・基礎地盤の摩擦係数 .........μ=0.6
・基礎地盤の許容支持力 ......300kN/m2
・輪荷重 ...........................Wt=25kN
・受働土圧 ........................考慮する

種別 衝突荷重(kN)
C 30
B 30
A 55
SB 80
擁壁内側に使用する場合には擁壁の構造検討・安定検討が必要となりますのでお問い合わせください。

お問い合わせ

どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください!

FAX:026-248-3710
Top