ECO-C・L(エコ・クリーンリフト)工法

特長

MENU

ECO-C・L(エコ・クリーンリフト)工法

CO2の排出量を削減し、無騒音のコンクリート製品搬送据付装置によるプレキャストボックスカルバートの搬送・据付台車工法です。

ECO-C・L(エコ・クリーンリフト)工
NETIS 登録No.KK-100064-A

特長

ECO-C・L工法は、CO2を排出しないバッテリーによって作動する無騒音の台車で、ボックスカルバートを搬送・据付する施工方法です。

狭隘地、高架下や高圧線などで上空に制約がある場合でも、一箇所の吊降し場所からボックスカルバートを搬送・据付し下水道、水路及び通路を構築することができます。

搬送・据付台車は、自走式であり、前後の荷役部が独立して作動するため、微調整ができて高い精度の施工ができる。

CO2を排出しないバッテリーによって作動する無騒音の台車であり、温室効果ガスの削減、環境への負荷を低減できます。

(新技術活用のメリット〉期待される効果

・自走式とすることで、狭隘地、高架下や高圧線などで上空に制約があるなど、移動式クレーンで直接施工できない現場でも、基礎コンクリートに軌条を設備する必要もなく、一箇所の荷卸し地点からボックスカルバートを搬送して、据付けができます。

・搬送・据付台車はバッテリーによって作動するので、騒音もなく民家密集地や病院、学校、図書館などの公共施設に隣接する現場でも施工でき、CO2も排出しないので、温室効果ガスの削減、環境への負荷を低減できます。
また、バッテリーは夜間の余剰電力により充電するので、資源の有効利用も図れます。

・全長、ホイールベースを短くすることにより、大きな交角、小さな半径の曲線部も搬送、据付けできます。

・前後の荷役部が、油圧によって独立に上下、左右方向に作動することにより、プレキャストボックスカルバートの据付時に上下、左右方向への移動および製品角度も微調整できるので、高い精度で施工できます。

・CO2削減効果ECO-C・L工法よるCO2排出量の削減効果は、ボックスカルバートの質量や現場での施工状況によって異なりますが、移動式クレーン施工と比較して40~60%程度の削減効果が期待できます。

CO2削減効果

ボックスカルバート 1,500×1,500×2,000mm 施工量19基 ラフテレーンクレーン25t使用

作業項目 移動式クレーンによる施工 ECO-C・L工法による施工
作業量 単位作業あたりの
軽油由燃焼量
軽油燃焼量 作業量 単位作業あたりの
軽油由燃焼量
軽油燃焼量
アイドリング 5.5時間 2.5 l/時 13.75 l 1.5時間 2.5 l/時 3.75 l
ウインチの巻き戻し
(20mの上げ下げ)
69回 0.330 l/回 22.77 l 47回 0.330 l/回 15.51 l
ブームの起伏
(30度の起こしと伏せ)
38回 0.110 l/回 4.18 l 27回 0.110 l/回 2.97 l
ブームの伸縮
(10mの伸縮)

4回

0.325 l/回 1.30 l 4回 0.325 l/回 1.30 l
    軽油使用量の合計 42.00 l   軽油使用量の合計 23.53 l
    CO2排出量 110.040 kg   CO2排出量 61.649 kg

軽油1リットルが燃焼して発生するCO2の量は2.62kg
ECO-C・L工法で施工することで、CO2排出量を44%削減出来る
上記表の作業量は実施工において計測した値である

お問い合わせ

どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください!

FAX:026-248-3710
Top