【車道用ブロック舗装強化基盤工法】
QT工法

ブロック舗装の用途を、さらに広げるQT工法

景観への配慮から公園や広場で普及しているブロック舗装には、自動車などの交通負荷に弱いという弱点がありました。
その課題を解決したのが、ブロック舗装強化基盤工法(QT工法)です。

QT工法は、ブロック舗装の基礎として、砕石層(厚さ3cm程度)を設け、
ブロック敷設後、QT材(ポリマー入り特殊セメントアスファルトモルタル)を浸透させ、
自動車などの交通荷重に十分耐えられるようにする強化基盤工法です。

”舗装ブロックの剥離、破損等のリスクを低減”し、現場の”長寿命化”を図る
 【車道用ブロック舗装強化基盤工法】QT工法


車道用ブロック舗装強化基盤工法(QT工法)とは、自然石やインターロッキングブロックなどを用いたブロック舗装の「強化基盤工法」です。
基礎に厚さ3cm程度の砕石層を設け、舗設後に「QT材(ポリマー入り特殊セメントアスファルト混合物)」を浸透させることで、自動車などの交通荷重に十分耐えきれるブロック舗装を可能にします。

特徴

  • ブロックの破損を抑制
    たわみ性に優れるQT層は、伝達荷重を軽減するため、ブロックの破損を抑制します。
  • ブロックの材質を選ばない
    硬化前のQT材は流動性が非常に高く、ブロックと下の層との空隙を完全に埋めることができます。
    あらゆるタイプのブロック舗装に対応する基盤強化工法です。
  • QT材注入後、3時間で交通開放可能
    QT材は急硬性、強度発現性に優れており、QT材注入後3時間以内に交通開放できます。
  • 既設ブロック舗装の補修も簡単
    既設ブロック補修にも適しています。材料はQ材(粉体)とT材(液体)に分けてプレパック化していますので、小規模な補修の際も便利です。
  • 耐水性・耐寒性に優れる
    特殊ポリマーの働きにより、QT層は耐水性、耐寒性に優れています。

用途

車道、コミュニティ道路、駐車場、駅前広場、歩道の車両乗り入れ部など

QT工法 施工例

カタログ

QT工法 カタログ
Top ft