高排水性垂直擁壁
ポラメッシュ 
VICON

施工例

MENU

高排水性垂直擁壁 ポラメッシュ

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:本庄市
工事名:本庄市立本庄東中学校擁壁改修工事
施工場所:埼玉県本庄市日の出
竣工日:2021年3月
マップ:こちらから(No.88)

施工現場詳細

既設の空積み擁壁の改修にあたり、垂直擁壁ポラメッシュを採用していただきました。
現場は中学校の敷地であり、通学路として使われている大変見通しの良い現場です。
既設の空石積み擁壁も何十年もの時代を経てきた趣を感じましたが、昨今頻発する地震等が発生した場合、万が一でも通学中の生徒さんに被害があってはなりません。
今回の改修工事によって生徒さんの安全を確保すると同時に、通学する生徒さんの成長を温かく見守る、そんな擁壁でありたいと思います。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:駒ヶ根市役所
工事名:令和2年度市単道路改良事業道路改良工事
施工場所:駒ケ根市下平田沢相田、市道郷社線
竣工日:2020年12月
マップ:こちらから(No.87)

施工現場詳細

道幅の狭い道路の拡幅にあたり、「掘削影響を最小限で抑えたい」との事で、当社の逆台形型垂直擁壁「ポラメッシュ」をご採用いただきました。
民家が隣接する道路の大きなカーブを描いている現場で、カーブ施工にも対応しているポラメッシュがが活躍できる場所でした。
現場代人の方の技術や経験から、カーブに沿った墨出し通りに根石を並べた事で、きれいなカーブを描いた仕上がりになりました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:小諸市役所
工事名:市単 災害復旧工事 市道3858号線
施工場所:小諸市赤沼
規格:60m2 Hmax 6350
竣工日:2020年11月
マップ:こちらから(No.86)

施工現場詳細

令和元年10月の台風19号災害で被災した市道の復旧工事に垂直擁壁ポラメッシュが採用されました。
当該道路は幅員が狭く、大型重機が入らない場所でした。
写真のように大きな掘削断面ですが、隔壁を打設するためには必要な断面でした。
ポラメッシュの左右は自然石練積みで施工され、景観的にきれいに仕上げていただきました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:山ノ内町役場
工事名:令和元年度 林道施設災害復旧事業(大沼線工区)
施工場所:山ノ内町大字平穏字志賀 林道大沼線
竣工日:2020年10月
マップ:こちらから(No.85)

施工現場詳細

2019年秋の台風19号により、志賀高原大沼池に通じる管理用道路、林道大沼線の一部法面が崩落し、通行不能となっていました。
現場が狭くて大型重機が入らないため、軽量かつ施工性の良い垂直擁壁「ポラメッシュ」を提案し採用していただきました。
現場確認したところ、予想以上に被害が大きく、現場状況が非常に過酷な状況でしたが、施工業者様の積み重ねられた経験値、技術力を生かした施工のおかげをもちまして、工事が完了し、無事に林道復旧を完了させていただきました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:佐久建設事務所
工事名:令和元年度 災害関連事業
施工場所:(一)八幡小諸線 佐久市 八幡
規格:ポラメッシュ(標準ブロック)、ポラメッシュ根石110型
竣工日:2020年11月
マップ:こちらから(No.84)

施工現場詳細

豪雨災害で法面が崩壊してしまった現場です。
現場が全面通行止と道幅が狭かったため、軽量で小型重機でも運搬可能なポラメッシュが採用となりました。
また現場での背面からの湧水が多く、ポラメッシュが排水性に優れていることと、災害復旧の為、中詰・裏込に生コン打設を必要としない施工性の良さも採用になった理由の一つです。
施工業者の方には快く引き受けていただき大変感謝申し上げます。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:長野市 公園緑地課
工事名:令和元年度 茶臼山動物園オランウータン展示施設土留整備工事
施工場所:長野市篠ノ井有旅
規格:根石110型
竣工日:2020年8月
マップ:こちらから(No.83)

施工現場詳細

茶臼山動物園オランウータン屋外展示施設建設の土留め工事にポラメッシュが採用されました。
地形的に条件の悪い場所での工事になりましたが、発注者様、施工業者様の創意工夫により、無事にポラメッシュ設置を完了させていただきました。
オランウータンが生息する森の雰囲気、周辺の樹木にマッチさせるため、ポラメッシュの壁面に苔を植え付けていただいています。
現在も展示施設建設関連工事は継続されていますが、「絶滅危惧種のオランウータンを檻の中から森の中に出してあげたい」と願っておこなわれている『オランウータンの森プロジェクト』に、ポラメッシュ(コンクリート製品)で携わることができ嬉しく思っています。
屋外展示施設が竣工して、オランウータンがポラメッシュで囲まれた森の中を自由に動き回る姿を見るのがとても楽しみです。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:山梨県富士吉田市役所
工事名:令和2年度ふじさんミュージアム石積改修工事
施工場所:山梨県富士吉田市上吉田
規格:根石110型
竣工日:2020年8月
マップ:こちらから(No.81)

施工現場詳細

富士山に関する歴史的資料を展示しているふじさんミュージアムにて、ポラメッシュが施工されました。
現場には老朽化した石積み擁壁があり、その補修工事が計画されていました。
現況と同じような石積みやブロック積み工法でも検討されていましたが、擁壁前面を駐車場利用することもあり、用地を有効活用できる垂直擁壁のポラメッシュが採用となりました。
また、背面側には建物があるので、掘削影響を少なくする必要がありましたが、その点も底版幅が小さいポラメッシュで解決することができました。
ポーラスコンクリートブロックを採用することによる高排水性も好評いただいています。
現場は建物の裏手にあるので、普段は目にすることはありませんが、S字カーブを描いており、とてもきれいな仕上がりとなりました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:山梨県峡南農務事務所
工事名:県営中山間地域総合整備事業 南部地区 農道第8号道路工事
施工場所:南巨摩郡南部町 内船 地内
規格:根石110型、130型、180型
竣工日:2020年8月
マップ:こちらから(No.82)

施工現場詳細

現場は元々2.5m程度の道路幅員しかなく、道路を拡幅するに際して様々な制約があることが予想されていました。
また山側の法面も急勾配で、道路構造物を設置に伴う掘削影響が懸念されていました。
そこで、掘削影響が小さく、部材が軽量なポラメッシュが最適であるとして、ご採用いただきました。
また、一部90°コーナーを構築する箇所があり、ポラメッシュならそこを簡単にきれいに仕上げることができるということも採用ポイントの一つです。
施工後は3.0mまで拡幅され、防護柵も設置され、安全に余裕をもって通行できる道路となりました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:伊那市
工事名:令和元年度 10月11日から13日にかけての台風19号豪雨災害
施工場所:長野県伊那市富県場広山
竣工日:2020年6月
マップ:こちらから(No.80)

施工現場詳細

昨年の台風19号による豪雨災害で被災した現場の復旧工事です。
道幅が狭い林道のため、掘削幅が最小で、小さな重機で施工できる垂直擁壁「ポラメッシュ」をご採用いただきました。
現場はとにかく狭く、ポラメッシュの中で一番重量のある基礎部の根石ブロックを据える際は苦労しましたが、現場のみなさまの工夫で据え付けていただきました。
その後は順調に施工していただき、短期間で掘削~ブロック積み上げが完了しました。
災害復旧はスピードが肝心です。スムーズに工事が終了し、発注者様にも、施工業者様にも喜んでいただけました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:国土交通省 八ッ場ダム工事事務所
工事名:H29八ッ場ダム代替地
施工場所:群馬県長野原町
規格名:根石ブロック110型
竣工日:2020年3月
マップ:こちらから(No.79)

施工現場詳細

当初はH3m前後のプレキャストL型擁壁が検討されていましたが、現況道路に埋設管があり、掘削による影響が懸念されました。
そこで逆台形構造のため底版が小さく、掘削影響がL型擁壁よりも小さくすることが可能なポラメッシュをご提案させていただき採用となった現場です。
ポラメッシュは中詰め材として再生砕石等の利用が可能なため、他工法と比較した際に現場打ちコンクリートが少なく、工期を短縮できる点も合わせて評価いただきました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:佐久市役所
工事名:令和元年度 市道南北線道路改良工事 市道6-74号線
施工場所:佐久市上平尾
規格:標準ブロック 349個 根石110型 74個 130型 4個
竣工日:2020年4月
マップ:こちらから(No.78)

施工現場詳細

佐久市役所様発注の市道改良工事で垂直擁壁ポラメッシュを採用していただきました。
前面に積み勾配のある大型ブロックの様な構造物ですと、擁壁の前面にあたる道路幅員や敷地等に影響を与えてしまいますが、ポラメッシュの様な垂直構造の擁壁は影響が最小限に抑えられ、有効に活用することができます。
また、ポラメッシュは曲線部においても標準規格の製品のみで対応が可能であり、施工も簡単で、工事終了後の見栄えも良いことが採用のポイントとなりました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:阿智村役場
工事名:令和元年度 浪合小学校 体育館取付道路等外構工事
施工場所:浪合小学校
規格:100型.150型.200型.250型
竣工日:2020年3月
マップ:こちらから(No.77)

施工現場詳細

校庭から上段の体育館へと車両が進入出来るための道路を新たに作る計画の中で、用地を有効に活用できる直壁構造のポラメッシュを採用していただきました。
人工的な印象を抑える意味でも、明度を抑えた石割り模様のポラメッシュを評価していただきましたので、天端調整コンクリートについても一般型枠ではなく、ポラメッシュ模様の残存型枠を使用していただくことで構造物全体の統一感が増し、大変きれいな仕上がりとなりました。
また排水処理として据え付けられたU字溝へ土砂が流出しないよう簡易的な土留めとして嵩上げブロックも使用してもらいました。

高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
高排水性垂直擁壁ポラメッシュ
概要

発注者:昭和村役場
工事名:村道永井桜線(災害復旧工事)
施工場所:群馬県利根郡昭和村大字川額地内
規格:根石ブロック 110、130型
竣工日:2019年11月
マップ:こちらから(No.76)

施工現場詳細

現場は山間部の中腹で雨が降ると雨水が溜まりやすく、オーバーフローしてしまう箇所で、間知ブロックがブロックごと崩れ落ちてしまった現場になります。
早急に現場復旧が必要な箇所になり、間知ブロックだと現場打ちの養生期間と、また同じ現象が発生してしまうことがネックとなってしまいました。
そこで当社のポラメッシュを提案させてもらい採用して頂けることになりました。
ポラメッシュは、ポーラスブロックなのでブロックの排水性があり、雨水が貯まることもなく今回の現場にマッチした製品です。
施工もブロック天端の現場打ち以外は、中詰材はRC40で転圧し1段ずつ積み上げていきますので施工中の養生期間は必要としません。
地元住民の方は、思った以上の竣工になったので感謝の声があったとのことでした。

その他の施工現場マップ

黄緑色の数字のポイントをクリックすると、施工現場の詳細をご覧いただけます。
写真をクリックすると、施工前〜施工後の写真を見ることができます。(一部施工後のみ)
マップ右上の四角かっこをクリックすると大きく表示します。
マップ左上のタイトル横のアイコンをクリックすると一覧が表示されます。

お問い合わせ

どのようなことでも、お気軽にお問い合わせください!

FAX:026-248-3710
Top